低体温になる要因のひとつに、食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)の乱れがありますよね。人間は食べ物から必要なカロリーや熱を作り、体温を保っていますね。しかし、加工食品の摂りすぎや脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)・糖分の過剰摂取といった偏食、ムリなダイエットなどによりビタミンやミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)が不足すると、低体温を招待する結果となります。ビタミンやミネラル(亜鉛、鉄、セレン、マグネシウム(未精製の穀物、例えね、玄米などに多く含まれています)など)は、ブドウ糖をエネルギーや熱に変化させるためには必要不可欠な成分なのです。これらが不足すると、食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)から熱やエネルギーを作ることが出来ず、体温(最近では低体温の人が増えているそうです)が上がらなくなり、低体温になってしまうわけです。低体温を解消するには、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)やミネラルを豊富に含んだ食事をすることと、体を温める作用のある食事をする事が重要ですね。では、どのような食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)が良いんでしょうか。まず、ビタミンの摂取は野菜がオススメ。特に、ジャガイモ・ごぼう・人参・サトイモ・カボチャ・葱・しょうがと言う根菜類は、体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)も上げるのでオススメです。ミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)は、油揚げや豆腐などの豆製品、わかめ・昆布・ひじき・海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)苔なんかの海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)藻類、ゴマ・アーモンド(アジア西部が原産だといわれているバラ科の落葉高木で、和名は扁桃や巴旦杏などです)などと言った種実、シラス干し・干桜海老などの小魚、タコ・イカ・アサリ・ホタテ・カニ・数の子といった魚介類に多くふくまれています。ヨモギ茶・タンポポ茶・番茶・ほうじ茶といった健康茶もおすすめです。調理法としては、生で食べるよりは、煮物にしたり、焼いたり、炒めたりと熱をプラスした方が、低体温(脇、口、耳などで測ることができます。測る箇所や体温計の方式によって所要時間が変わってくるでしょう)解消には効果的でしょう。なお、食事で摂ることが困難な場合は、サプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)などを摂取するのもいいでしょうー